ミシャのBBクリームの成分は危険なの?日本のものとの違いは?

Sponsored Link

 

 

韓国コスメといえば、ミシャの
BBクリームと思いつく人が
多いのではないでしょうか?

 

 

BBクリームとは、元々は
ピーリングなど美容施術後に
ダメージを受けた際、肌の炎症を
抑えたり、紫外線から
肌を守ったり、傷跡をカバーする
ために作られたクリームです。

 

 

本来のBBクリームは、
あまり一般的に使われなかったの
ですが、オールワンイン化粧品
として一大ブームになりました。

 

 

今では、美容施術後のダメージを
カバーするというより、
スキンケア効果+メイク効果が
一つでできる化粧品とされています。

 

ミシャBBクリーム1

 

 

そのミシャのBBクリーム。。

 

 

実はあまり評判がよくないと
いうことなんですけど本当なのでしょうか?

 

 

韓国コスメの危険や真相に迫りたいと思います。

 

 

ミシャのBBクリームの成分は危険なの?

 

 

まず、1つ目の噂は、BBクリームの中に

 

タルク」という成分が入っている

 

ということが書かれていて、
その成分がアスベストと
化学的成分には、同じ物質だというのです。

 

 

アスベストとは、発がん性を
発生する物質です。

 

 

そんな怖いものが入っているのを
使うのはためらいますよね。

 

 

でも、その物質が、本当に
入っているのかは、調べて
みなきゃわからないのですが、
その検査にも高額がかかるため
なかなか調べきれてないのが現状のようです。

 

 

それも、タルクは他の化粧品にも
入っているとか。真相は闇の中です。

 

 

日本の製品にも使われているのですが
韓国も日本もしっかりと検査をして
世に出していますから、まったく
危険がつきまとうものではありません。

 

 

そもそも、検査して基準をクリアして
いなければ、日本も韓国も無法地帯です。。

 

 

あと2つ目は、品種基準が国内と
韓国では違うという噂。

 

 

日本で売られているものは、
日本の成分基準を満たすものか、
満たすように成分を変えたものが
売られているそうです。

 

 

なので、日本で購入すればいいが、
並行輸入品を購入したり、現地で
購入したりするのが危険なんだとか!

 

 

ネットでも情報面が不透明な
韓国コスメへの疑念が討論されています。

 

 

 

その理由は、外国企業のせいか、
トラブルがあっても日本の消費者
のもとに情報が届きづらい、
韓国企業の技術・品質面が安全か
どうかより、安全かどうかを
判断する情報が得られないことが危険なんです。

 

 

では、日本製のものと何か
違いがあるんでしょうか?

 

 

Sponsored Link

 

 

日本の商品との違いは?

 

 

成分の何が違うかというと、
韓国で売られているミシャの
BBクリームは、紫外線カットする
SPFが高い化合物が配合されています。

 

 

日本で、売られているミシャの
BBクリームは、紫外線カットの
成分が弱いか、紫外線カット
されてない製品が、日本向けに
販売されています。

 

 

その、気になる紫外線吸収・
散乱剤ですが、人体に影響を及ぼすと言われています。

 

 

アレルギー体質の方は、十分に
気をつけなければなりません。

 

 

日本に入ってくる際は、配合成分
に制限があり、化粧品基準を
通らなければなりません。

 

 

なので、韓国から輸入する際は、
成分や濃度を変更してくるのです。

 

 

実際使っている人は、カバー力が
あり、そのうえ素肌っぽく見える
など評価が、高いのもありますが
やはり現地で購入したり、
並行輸入品を使った人からは、
肌が、赤くなってしまったなど、
肌トラブルも出ているのも事実です。

 

 

結果論として、国外の化粧品に
ついては、自己責任となって
くるのかと思います。

 

 

人がいいからと言って自分に
合うとは限らないので、
十分考えた上で、取り扱ってください。

Sponsored Link