色黒肌でも安心メイク!下地の選び方や使い方

Sponsored Link

 

 

色黒だから綺麗なメイクできないと諦めていませんか?

 

 

 

色白の人のようにガーリーな
メイクができなくても、
色黒でしかできないメイクもあります。

 

 

元の肌をうまく活かしたメイク
をすれば顔色がぱっと明るくできるんです。

 

 

芸能人でも、ローラさん、
中村アンさん、ミランダカーさん
など、色黒で、美しさを誇る方は
たくさんいて輝いています♪

 

 

では、色黒肌メイクで大事な
下地について紹介していきます。

 

 

色黒肌にどんな下地がいいか?

 

 

というと、グリーンベースや
オレンジベースの下地なんです。

 

 

グリーンベースの下地は、
やや色黒肌に似合って、
肌の色を明るくそして艷やかに
見せてくれます。

 

 

オレンジベースは、かなり色黒肌にいいそうです。

 

 

グリーンベースで、オススメなのは、

 

 

ファンケルのカラーコントロールベースです。

 

 

 

 

赤みをカバーしてくれるだけでなく
色黒肌に透明感がでると言われているんです。

 

 

オレンジベースは、
MAMEWコントロールリキッドです。

 

 

グリーンベースの下地より
色ムラをカバーしてくれるので
心強いですよね!

 

 

あとは、ローラさんも
愛用しているという
RMKの下地を紹介していきます。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

吸い込むように肌に馴染み、
肌の凸凹をカバーしてくれます。

 

 

肌へのピターッと密着して
フィット感があるので
浮いこないのが嬉しいですよね!

 

 

 

ぜひ、ラインでファンデーション
もRMKを使うと、使用感も
ぐっとよくなり、透明感がある
艶肌になることができます。

 

 

 

続いて、使い方ですが、顔全体の
顔色を補正するには、顔において
むらなく伸ばすことが大事です!

 

 

 

ポイントは、少量をまんべんなく
顔において伸ばします!

 

 

 

また、顔の中心に重点的に塗り、
暗めに仕上げたいフェイスラインは
薄めに仕上げると自然になります。

 

 

 

色黒肌に一番映える綺麗に
見える質感は、ツヤ感が
弱めの感じがいいと言われています。

 

 

 

ナチュラルメイクだと、ツヤ感が
大事ですが、色黒肌だと
アブラギッシュになりかねません。

 

 

 

そこのところを踏まえ、
化粧下地を塗っていくことが
ポイントとなってきます。

 

 

 

コントロールカラーのみで、
色ムラが均一な色味に
仕上げられるのが一番重要になってきます。

 

 

 

なかなかファンデーション選びも
難しいですが、化粧下地で、
肌の色を整えておくことが大切です。

 

 

どんな肌質でも土台の化粧下地で
ファンデーションがぬりやすく
なっていることが肌を
綺麗に見せるためになりますよね!

 

 

ぜひ、今から取り入れて見てくださいね!

Sponsored Link