ケイトのアイブロウペンシル新色(ベージュ)の口コミ評価は?

Sponsored Link

 

 

眉の書き方って、難しいですよね。

 

 

前髪に隠れちゃう方はいいですが、
前髪を分けている人や、
まゆが見えてしまう人は、
どうしても書かないと、のっぺり
した顔立ちになってしまいます^^;

 

 

でも、左右対象の眉って難しいですよね。

 

 

毛の生え方だって違うわけだし、
それも流行り眉にしてみたい
願望もありますよね!

 

 

そんな人におすすめの、
眉の書き方を紹介します。

 

 

眉の正しい書き方

 

 

まずどこから書くのかがポイント!

 

 

眉頭から書いている人いませんか?

 

 

それは、厳禁!

 

 

正しい書き方は、眉尻から書くこと!

 

 

 

眉頭から書きはじみると
眉頭が必要以上濃くなってしまい、
眉の印象が強くなってしまいます。

 

 

眉尻→中間→眉頭の順番で書くと
バランスよく書くことができます。

 

 

ペンシルよりパウダーのほうが、
ナチュラル度が増します。。

 

 

眉毛の上も、眉尻から攻めていきます。

 

 

ペンシルタイプのものどちらか
というと、眉尻や足りない
ところを足したりするのに使うといい感じです。

 

 

毛を書くように書き足していきます。

 

 

全体が均一になるように、
気になる箇所を重点的に書いていきます。

 

 

その次は、ブラシで整えます。

 

 

そのひと手間が大事!

 

 

パウダーやペンシルが地眉と、
なじませます。

 

 

この作業によってより自然な眉毛にするんです♪

 

 

それから、眉マスカラをオン!

 

 

最初は毛の流れに逆らうように
やると、マスカラが毛に
密着しやすいんです!

 

 

その後は毛の流れに沿って塗って完成!

 

 

しかし、アイブロウはどれがいいか迷いますよね!

 

 

Sponsored Link

 

 

今回は、数多くあるアイブロウの

中から、ケイトを紹介しようと思います。

 

 

ケイトのアイブロウパウダーや
ペンシルを使うと、同じメーカー
なので、まとまりが出やすいかと思います。

 

 

 

ケイトのアイブロウペンシルは、
結構前からあるので、ご存知な方も
多いかと思いますが、徐々に
カラーのバリエーションも増えてきました。

 

 

今回は、LB-1(明るいベージュ色)
というアイブロウペンシルを
ピックアップしてみました。

 

 

ケイトアイブロウペンシル2

 

 

芯が硬すぎず、柔らかすぎず
とても、書きやすいペンシルになっています。

 

 

1.5㎜の細さなので細かいところも
スイスイかけてしまいますし、
ポーチにも収まるのが嬉しいですよね!

 

 

口コミも、細いけど、折れにくく
書きやすいと評判です。

 

 

髪色を変えても、プチプラなので、
カラーを変えやすいと書かれてました。

 

 

さっそく、気になったら、
新色を試してみましょう!

 

 

新しい自分に出会えるかも?^^

Sponsored Link