*

浴衣姿を綺麗に見せよう!自分でできるアイメイクのやり方

公開日: : 浴衣メイク

 

今年の夏も、浴衣を着て彼氏や
友達と出かける人も多いはず!

 

 

せっかく浴衣を着るのにメイクは
いつもと一緒でいいの?

 

 

普段と一緒じゃもったいない!

 

 

浴衣用のメイクで周りに
差をつけて、周りから
羨ましがられる容姿になってみませんか?

 

 

今は、浴衣美人になるためには
ナチュラルな引き算メイク大切なんです。

 

 

そんなメイクのポイントとなる
アイメイクを浴衣の色別に紹介していきますね!

 

 

濃い色系の浴衣を着るときのアイメイクのポイント!

 

 

濃い色系(紺、紫、黒)の
浴衣って大人っぽくて
色っぽく見せてくれますよね!

 

 

そんな色っぽい浴衣には

綺麗なアイメイクがオススメ!

 

綺麗なアイメイク

 

どんな女性でも似合いそう
ですが、普段化粧しない人や
かわいい童顔気味な子や、
妹系は、普段とガラッと雰囲気を
変えてギャップがあるのでいいですよね!

 

 

濃い色系のアイメイクは、
アイラインの上に浴衣の柄の
色味をのせてあげることで
統一感が出てまとまりスッキリ
とした印象になります。

 

 

おすすめの色は、ベージュ系や
薄いピンク系を目元にすると
違和感なく仕上がります。

 

 

色味を強調させないことで、
浴衣が映えて全体像がまとまってきます。

 

 

少し目元が物足りない方は、
ラインをしっかり入れることで
目元が締り、キリッとした
アイメイクが出来上がります。

 

 

Sponsored Link

 

 

淡い色系の浴衣を着るときのアイメイクのポイント!

 

 

淡い色系(白、薄ピンク、薄黄色)
の浴衣は、可愛らしくて、
キュートなイメージに見せてくれると思います。

 

 

そんなかわいい浴衣には
かわいいドーリーメイクがオススメ!

 

ドーリーメイク

 

 

目元のラインを濃くして
目を大きく見せるアイシャドウが
いいでしょう!

 

 

ピンクの花柄ならアイホールに
ラメ入りピンクのシャドーをのせ、
二重幅にアイラインをぼかす感じで
ブラウンをのせます。

 

 

紫の菖蒲柄なら、ラメ入りの
シルバーのシャドーをのせ、二重幅に。

そして、パープルをのせます。

 

 

すっきり見せることでより、
浴衣がはえる顔立ちになってくると思います。

 

 

やはりポイントは、アイシャドウ
のカラーがナチュラルな
パステルカラーで、ラインを
入れて涼しげにすることで、
まとまり感が出てきます。

 

 

パステルカラーも、浴衣で
使われている色を入れると、
統一感が出てまとまってきます。

 

 

 

何色の浴衣を着ようか迷って
いる人は、なりたいメイクから
選んでみるのもひとつの手ですよ!

 

 

ぜひあなたにあう浴衣メイクの
ポイントを使いこなしてみましょう。

 

 

ステキな浴衣美人に変身して、
周りと差をつけて目立っちゃいましょう!

関連記事

浴衣美人になろう!薄めメイクのやり方~コツや裏技も紹介!

  浴衣を着て、髪型を決めて あとは、メイクだけなんだけど、 メイクはどんな感じ

記事を読む

紺色の浴衣に合わせるリップは、何色が可愛い?

  夏は浴衣を着て、花火やお祭りに 出かけることも多いと思います。 &nbs

記事を読む

紺色の浴衣に合わせるアイシャドウの選び方やお薦めの色

  浴衣の色って、色々あって 選ぶのが迷いますよね!   &

記事を読む

女子中学生は浴衣を着るとき、メイクする必要はある?ない?

女子中学生のみなさんも、 浴衣を着るかと思うんですが どうも、浴衣だけだと、物足り なさを感じ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リップティントジャムの使い方や人気色はどれ?口コミ評判も!

2016年10月に発売された キャンメイクのリップティントジャム!

リップティントジャムが危険で苦いのは本当?その成分って何?

  ついこの間発売されたばかりの リップティントジ

どれにする?イヴ・サンローランのルージュ「ヴォリュプテ シャイン」の人気色BEST5!

イヴ・サンローラン・ボーテから 販売されている、  

コスメデコルテ~「ルージュグロウ」の人気色3選とその発色は!?

コスメデコルテの 「ルージュグロウ」は 発売当初から爆発的人気を

女子中学生は浴衣を着るとき、メイクする必要はある?ない?

女子中学生のみなさんも、 浴衣を着るかと思うんですが どうも、浴衣

→もっと見る

PAGE TOP ↑